Posted by at

2015年02月28日

軽くてフワフワなのにすごい!麩は、女性に嬉しい成分が詰まってた

全国各地で100種類以上も麩がある!原料を茹でて製品にした生麩、原料を焼成した焼き麩、中華料理などで使われる原料を油脂で揚げた揚げ麩、原料を煮た後に乾燥させた乾燥麩があり、それぞれ食感が異なります。最近では、色のついたカワイイお麩もスーパーなどで見かけますよね。

麩は、グルテンを主原料とした加工食品。グルテンは、水で練った小麦粉に含まれるタンパク質のひとつ。小麦粉に水を加えてよく練り、熟成させ水洗いを繰り返すと、でん粉(炭水化物)が流れ出てガム状のものが残ります。これがグルテン。これに小麦粉やもち粉を加えて加工するとお麩ができあがります。

お麩が誕生したのは中国。日本にきたのは、室町時代という説と奈良時代という説があります。

でも、意外と食べる機会って少ない…。軽くてフワフワ、味もあまりない麩…。最近、食べたのはいつですか?一部地域ではおなじみのお麩ですがあまり食べないという人も多い。メインの食材としてのイメージはあまり無いお麩。「お麩」というと「味噌汁に入っているフワフワしたアレ」の認識。脂肪が少なく消化がよい麩は高齢者、幼児、病人の食事におすすめ!

お麩に含まれている植物性タンパク質は、健康を維持していくにあたっては欠かすことができないもの。植物性のたんぱく質、ナトリウム、カリウム、カルシウム、マグネシウム、 リン、鉄、亜鉛など自然のミネラルがギュッとつまってます。物性たんぱく質で消化吸収がされやすく、女性の美容にオススメ!プロリンというアミノ酸が含まれていて、甘いような苦いような味。体内にプロリンが取り込まれると肌の弾力の元コラーゲンが作られる。血中脂肪排泄?糖尿病予防?カゼやインフルエンザ予防?美肌効果。  


Posted by yuyu123 at 10:07

2015年02月22日

ベイマックスか!?心のスキマを埋めるロボット

人の心と健康と生活に役立つために開発されたロボット「ベイマックス」。

ベイマックス、泣けた・・・目の前で兄を失った主人公ヒロが、オレたちみたいに引きこもるんだけど。そんなヒロを後ろから抱きしめるベイマックスのシーンは優しさがあふれ、最も印象深い。

社会的対話ロボットCommU。コミュ障なら、ロボットと会話する。寂しいときも、CommUがいれば大丈夫だ!なんかキョトンとしてますが、すごいコミュニケーション能力の持ち主!

CommUは、人間が人間と対話しているときに抱く「対話感」(対話に参加している感覚)を与えられるロボット。ロボット同士が会話しながら、時折ロボット以外の話者にも話しかけたり、質問し、同意を求めたりする。話す人が話しおわったことを認識して、あいまいな相づちやリアクションをすることで対話が継続するようになっている。眼球やまぶたなどが動き、表情を変えることで、感情表現できるとこまできた!CommUを見ている人間にも質問をしたり目配せしたりする。  


Posted by yuyu123 at 09:35

2015年02月19日

「まかないこすめ」が北陸地区に直営店を初出店

 和コスメブランド「まかないこすめ」は3月14日、北陸新幹線・金沢駅開業に合わせて北陸地区初となる直営店をオープンする。

 内装は、金沢ならではの「和」の世界と、国内外で支持されている「まかないこすめ」の世界観をブレンド。茶道道具を用いたコスメの実演スペースや、金沢の街並みをイメージした茶屋街の格子、金箔作りに用いる小道具や什器などをディスプレー。「大人かわいい金沢美人」をコンセプトに、ハンドケアやスキンケア、ボディーケアに加え、石川県・金沢のゆるキャラ「ひゃくまんさん」とコラボした限定品を販売する。  


Posted by yuyu123 at 09:12

2015年02月11日

これで夫婦ラブラブ?最近の住宅は寝室に力を入れてた

調査によると、3割もの夫婦が寝室を別にしていることが判明。さらに夫婦の寝室は、30代の72.8%が同室と回答。一方60代になると46.6%に減少…ちなみに、20歳~69歳の既婚者対象に「夫婦の寝室に関するアンケート調査」を行ったところ、夫婦仲が「円満」と答えた夫婦の78.8%は同じ寝室を使っていることが分かっている。

欧米では「夫婦別寝」は離婚の始まりと考えられており「同寝」が当たり前。日本での夫婦別寝の多さは世界でも珍しい現象。日本の場合「寝室」の使い方の変化のきっかけは「子どもの誕生」にある。「夫の寝る時間が遅かったり朝早かったりするので子どもを起こしたくない」などいろいろ。子どものためにと始めた別室での生活が、意外と快適でやめられないママが多い。そのようにして別室率が増えていく傾向も。しかし、別寝室はコミュニケーションの機会を失うことにもつながり、将来的には・・・大きなリスクが潜んでいることも。

とはいえ、やはり同じ部屋で寝る夫婦のほうが仲はいいらしい。最近では「夫婦円満寝室」を売りにする住宅メーカーも出てきている。例えば、寝室には2つのベッドが並んでいるが、それぞれのベッドが天井からのカーテンで仕切られている。枕元の照明もそれぞれに付けられ、エアコンも別々に設置。

夫婦円満でいるためには「コミュニケーション」は重要。長い目で見みると「寝室」にも力を入れることがオススメ。逆に、リフォームを考える60代前後のご夫婦は「寝室」の優先順位が高い。特に一緒にいる時間が増える定年後の夫婦にとっては「適度な距離を取ることができる寝室」は、お互いの不満を溜め込まないためにも良い。  


Posted by yuyu123 at 10:09

2015年02月05日

鍵をデコってみたら可愛くなった!

マステやマニュキュアを使ってアクセントを♪持ち歩くのが楽しくなるかも☆

きらきら光る色とりどりのスワロフスキーや立体的なチャームを使ってかわいくデコレーションした「デコ鍵」。

マスキングテープも簡単で(・∀・)イイ!!もはやDIY女子のド定番「マスキングテープ」。自転車のカギが無地でさみしかったので、マステをはりました!表裏別々の柄にしました(^o^)

カギに大き目に切ったマステを貼り付け、カギを裏返してカッターでマステの不要部分をカギの形に添って切り落とします。裏と表が一目瞭然でとても使いやすくなりました。

カラーリングするだけでなく、ネイルアート感覚で凝った仕上がりするなどお好み次第。100円ショップで入手できるので、なるべく安上がりで済ませたいなら、いっぺん試してみてはいかがでしょう。  


Posted by yuyu123 at 09:11